お腹の贅肉を落とす方法

お腹の贅肉を落とすには腹直筋を鍛えるのが効果的です。さらに高タンパクで低カロリーの食事を心がけましょう。

お腹の贅肉を落とす方法(1)

男性でも女性でもお腹の贅肉に悩んでいる人は数多くいます。 若い時には特に意識しないでいてもスリムな体型を維持できていた人でも、中高年になると急に体型に変化が来ることが多く、特にお腹まわりの贅肉が付いてぽっこりお腹になるケースが多いのです。 お腹まわりの贅肉は、体の他の部位と比べてもダイエット等で落としにくい場所というのは、実際に経験した人ならばよくわかると思います。 これは、お腹は意識して動かさないとほとんど負荷がかからない場所だからです。 腕や足のように日常的に負荷がかかりやすい場所は少しの運動やダイエットで比較的早く贅肉が落ちやすいですが、お腹の贅肉がなかなか落ちないのはそのためです。 お腹の贅肉を落とすためには、お腹の動きを意識した適切な運動と、長いスパンで行う正しいダイエット(食事制限)が必要なのです。 よく勘違いされやすいのは、お腹の贅肉を落とす運動として腹筋運動だけを行うことです。 腹筋運動はお腹の筋肉を鍛えて綺麗なボディラインを作るのには非常に有効なのですが、それだけでは贅肉を落とすことはできません。 脂肪燃焼を促進させるためには、腹筋運動を行う前に一定時間有酸素運動を行うことが重要なのです。有酸素運動の種類は何でも良いですが、道具が無くてもできるものとしては、軽いジョギングが良いです。 少なくとも20分以上、息が切れない程度にジョギングを行うことで、脂肪を燃焼させる準備が整うのです。 イメージとしては、ジョギング20分+腹筋運動30回×2セット、という組み合わせが良いでしょう。全体で1時間程度のエクササイズになります。 また、ダイエットについても、正しい方法で行わなければなりません。 単純に食事の量を減らすだけではだめで、きちんと自分の基礎代謝を知り、その基礎代謝量の20%の程度少ない量の摂取カロリーに調整することが重要です。 自分の基礎代謝を知ることは素人では難しいので、専門のトレーナーなどに相談するのが良いでしょう。 食事内容は、脂質、タンパク質、炭水化物をバランスよく摂取することを心がけてください。 ただし、脂質は少なめ、タンパク質多め、炭水化物はやや少なめ、というのが理想のダイエット食です。 タンパク質は代謝を上げるために不可欠ですので、これを欠かすと健康的なダイエットができませんから注意してください。 食事回数は朝、昼、晩の3回きちんと取ることも重要です。 ただし、夜は消費されにくいですから一日の中で最も少なく、特に炭水化物は摂り過ぎないように注意しましょう。量としては、朝が一番多く、昼、夜と順に減らしていくのが良いでしょう。 これらをある程度長い期間続けていくことで、お腹の贅肉をきれいに落とすことが可能です。

お腹の贅肉を落とす方法(2)

多くの人が、中高年になると急にお腹のたるみが気になり出します。 顔や腕、足などは痩せているのにお腹の部分だけがぽっこりと出ているような人も多いですね。 急にお腹の贅肉が付き出す人は皮下脂肪だけでなく内臓脂肪が過多になっている可能性が高いので、できるだけ早い段階でダイエットを始めたほうが良いでしょう。 まずはお腹についた贅肉(皮下脂肪)を落とす方法ですが、やはり運動をするのが最も効果的です。 ですが、贅肉を落としたい部分によって運動の内容が異なるため、自分の絞りたい部分に合った運動を行わなければなりません。 まずは腹直筋を動かす運動についてです。 腹直筋はお腹の中央部分にある筋肉で、腹筋に力を入れるとぐっと硬くなる部分です。 一般的な腹筋運動はこの腹直筋を鍛える運動なのですが、腹直筋は上部と下部に別れており、寝た状態から上半身を持ち上げるいわゆる"腹筋運動"は、上部のみを鍛える運動です。 ですから、贅肉が付きやすい下腹の部分を絞るためには腹直筋の下部を鍛える運動をしなければあまり効果がありません。 腹直筋の下部を鍛える運動は、寝た状態で軽く膝を曲げて足が地面に付かないように少し浮かした状態から、足を垂直の状態まで上げて、また下に下ろす(地面には付かないようにキープ)運動です。 やってみれば分かりますが、見た目以上にきつい運動です。ですが、やってみると下腹部に負荷がかかっているのがよく分かります。 また、ヘソ周りを一周する形で腹筋の最も深い所にあるのが腹横筋です。 腹横筋は内蔵を下から支える役割も持っているため、ここがたるむとぽっこりお腹になりやすいのです。 腹横筋は内側の筋肉ですから、鍛えるためにはインナーマッスルを鍛える運動をしなければなりません。 やりやすい方法としては、寝た状態で鼻から息を大きく吸い、下腹を膨らませて数秒間キープして、お腹をへこませながら口から息を吐く方法があります。 いわゆる腹式呼吸を繰り返し行うだけなのですが、これがインナーマッスルを鍛えるのに非常に有効なのです。 これらを毎日続けると共に、内臓脂肪を減らすために食事内容を見直すことも必要です。 基礎代謝を落とさずに摂取カロリーを徐々に減らしていくのが健康的に痩せるコツですから、単に食事を抜くというのは厳禁です。 ポイントは脂質を減らしつつ、高タンパク、低カロリーの食事を心がけることです。 炭水化物はエネルギーを作るのに不可欠ですが、ダイエットの際には普段よりも炭水化物を減らすように心がけます。 特に夜はエネルギーを燃焼することができないため、晩ご飯に炭水化物を取り過ぎてはいけません。

贅肉に関する体験談